工場長養成塾

工場長養成塾とは

製造現場での問題に自ら気づき、考え行動できる工場長の育成を目指した講座です。

Point.1 「気づく力」と「考え行動する力」を養います。
Point.2 ゼミ、実習、実践、工場視察などのカリキュラムを通じて、どこの現場にも共通する問題に気づき、学び得た体験を自社の工場にあてはめ、問題の発見能力を高める「気づきのHow To」を学びます。

自動車部品産業の優れた生産管理や物流管理のノウハウを修得したい、東海地域の中堅・中小企業の意欲ある工場長およびその候補者が対象です。製造業であれば業種を問いません。

名古屋工業大学、(株)豊田自動織機、(株)デンソー技研センターがコンソーシアムを形成して運営しています。

名古屋工業大学での「ゼミ」、模擬ラインを活用した「実習」、受講生の製造現場を教室とする「実践」、その他「工場見学」などで構成されています。

「実践カリキュラム」は、4名1グループの少人数制で編成。グループ毎に現場指導員である「チューター」がつき、受講生が抱える課題を受講者が自ら解決できるよう受講者の立場に立って親身に指導します。

今回第10回の開講を迎えるにあたり、新規の教育プログラムをこれまでの工場長養成塾に併設し“経営中核人材育成プログラム”を開講いたします。このプログラムは名古屋市立大学に参画いただくプログラムとさせていただきます。

経済産業省が平成17年度から展開している「産学連携製造中核人材育成事業」の1つとして、「工場長養成塾」のカリキュラムが開発されました。