工場長養成塾

カリキュラム

 ゼ ミ

現場で活きる数々の知識を得る


現場の原理原則から、経営者のビジネス感覚までを
学びながら問題の本質に気づくカリキュラムです。
ゼミ名 講 師
※2 品質管理ゼミ 仁科 健(名古屋工業大学 教授)
※2 生産管理ゼミ 荒川雅裕(名古屋工業大学 教授)
※2 気づきの心理ゼミ 鷲見克典(名古屋工業大学 教授)
※1 イノベーションマネジメントゼミ 小竹暢隆(名古屋工業大学 非常勤講師)
※2 ヒューマンエラーゼミ 神田幸治(名古屋工業大学 准教授)
※1 ビジネスゲームゼミ 田中宏和(静岡大学 教授)
※1 工場長基本ゼミ 塚本兼義(名古屋工業大学 非常勤講師)
※1 設備管理ゼミ 萩原正弥(名古屋工業大学 教授)
※1 経済性工学ゼミ 小島貢利(名古屋工業大学 准教授)
※2 後工程引取りゼミ 植村康一(名古屋工業大学 非常勤講師)
※1 特別ゼミ 卒塾生
※1は、32社1グループ
※2は、16社1グループ
 実 習

改善の効果を自らの手で習得する


模擬ラインを使って、現場で必要とされる基本動作を
効果的に習得し、動作改善、稼働率向上など
改善の効果を学ぶカリキュラムです。
実習カリキュラム概要 講 師


・3ム(ムリ・ムラ・ムダ)の気づき講座
・動作改善の進め方講座
・時間観測 ストップウオッチを使用する実習
辻本 治、太田 貢
(名古屋工業大学「工場長養成塾」非常勤講師)


・模擬ライン(手組みライン) を使用する作業改善実習
・グループ発表〜まとめ
「実習」は、8社1グループで実施します。
 実 践

実際の現場で問題と解決法を探る


塾生の工場を教室に使用することで、自社の現場での
実践を通じた成功体験を持つためのカリキュラムです。
強い工場づくりにつながる一歩を踏み出します。
実践カリキュラム進め方 講 師

・4名で1グループを編成
グループ単位で行動します。

・グループの企業(工場)を持ち回りで訪問
各企業(工場)を3回
実践教室として使用します。

各グループにチューター1名

チューター陣
 名古屋工業大学「工場長養成塾」
・浅井淳司 ・稲垣 寛 ・井上忠弘
・今田 隆 ・太田昌実 ・金子茂博
・鎌田一男 ・児島辰彦 ・小高和廣
・鈴木堅弌 ・塚本兼義 ・渡辺英治
「実践」は、4社1グループで実施します。
 工場見学

自分の目で参考ポイントを探る


社会から高い評価を得ている企業トップの話と見学から学ぶカリキュラムです。
      
 経営中核人材育成プログラム

経営の立場でモノづくりを考える



産学官の講師による経営者を目指す人材を育成する
カリキュラムです。
ゼミ名 講 師
経営組織 河合篤男(名古屋市立大学 教授)
経営戦略 出口将人(名古屋市立大学 教授)
経営戦略・事業システム 下野由貴(名古屋市立大学 准教授)
経営組織・組織行動 余合 淳(名古屋市立大学 准教授)
経営組織・技術マネジメント 大神正道(名古屋市立大学 講師)
経営戦略・マーケティング 山本奈央(名古屋市立大学 講師)
自社の財務諸表をみて経営改善を考える (1) (2) 足立直樹(名古屋工業大学 客員教授)
優良企業工場見学 見学先未定
「ゼミ」は32社1グループでグループ討議を交え実施します。
 その他のプログラム
■入塾式  ■中間レビュー ■報告会
■卒業式  ■パーソナル訪問
  スケジュールを見る≫