工場長養成塾

メッセージ

推進プロジェクトリーダーからのメッセージ

磯谷 智生
仁科 健(にしな けん)
名古屋工業大学 大学院 教授

ご存じの方も多いと思いますが,平成17年度に経済産業省による製造中核人材育成事業の一つとして採択され,平成19年度から名古屋工業大学主催による「工場長養成塾」が開講されました。実証講座を含めますとこれまで255名115社の参加をいただいております。関係各位のご協力と参加企業の経営トップのご理解に感謝いたします。
さて,今回第10回の開講を迎えるにあたり,新規の教育プログラムをこれまでの工場長養成塾に併設し開講いたします。工場長養成塾が“製造中核人材育成プログラム”であるのに対して,新設プログラムは“経営中核人材育成プログラム”です。“工場長養成塾”の次のキャリア形成のための教育プログラムへの要望は以前からいただいておりました。
これまで工場長養成塾と併設しておりました“エグゼクティブプログラム”を模様替えしたプログラムとして産官学の講師を配し“経営中核人材育成プログラム”を開講いたします。このプログラムに名古屋市立大学に参画いただくことになりました。
新設プログラムの内容/スケジュールはパンフレットをご覧いただくとして,どのような方をターゲットにしたプログラムであるかを簡単に説明させていただきます。
下の表をご覧下さい。工場長養成塾のリピータ企業で説明をさせていただくならば,工場長養成塾を卒業された次世代の経営幹部の方です。もちろん,現在の経営幹部の方でも結構です。工場長養成塾に塾生として参加いただく方が同時に受講されることも考えられます。

想定される工場長養成塾と経営中核人材育成プログラムの受講生
想定される受講者工場長養成塾経営中核人材育成プログラム
パターン@AさんBさん(工場長養成塾OB)
パターンAAさんCさん(次世代の経営幹部)
パターンBAさんDさん(現在経営幹部)
パターンCAさんAさん(工場長養成塾と同時受講)

経営中核人材育成プログラムにもご注目いただき,第10回工場長養成塾へ受講生を送り込まれることをご検討いただけたらと思います。よろしくお願いいたします。